『バウンド:王国の欠片』にてカメラがプレイヤーを追従するようになるパッチが配信

2017年1月24日、デジタルアートスタジオPlastic Demoが開発した『バウンド:王国の欠片』の最新パッチが配信開始された模様です。公式Twitterではこのパッチについて感謝の言葉が並んでいます。

『バウンド:王国の欠片』はバレエのような動きでステージを攻略していくアクションゲームで、全体的に芸術的な作品となっています。プレイヤーは謎に満ちた世界観の中で動き回り、段々とストーリーの全容が明らかになるといったタイプのゲームです。

評価は高く2017年1月11日には開発者の bonzajplc 氏が自国ポーランドの重要な文化賞を獲得したとも報告しています。

パッチの内容はカメラワークに関するものとなっています。実のところ『バウンド:王国の欠片』のカメラワークは芸術的な演出に重きを置いているためか、場合により視認性を低くする問題が報告されていました。ステージの進行によって固定カメラの切り替えが行われるのですが、一瞬暗転した後でプレイヤーの位置が分からなくなることもあったのです。

パッチの適用によってカメラは常にプレイヤー後方を追従する形となりました。これにより視認性は飛躍的に向上し、遊びやすいものとなるはずです。実際にこのパッチを喜ぶ声も多く、さらに本作の評価を高くすることになるかもしれません。

なお、PlayStation Store にて2017年1月26日 (木) から2月1日 (水) までの期間、バウンドをはじめとするPSVRタイトルのセールが実施されています。この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

今が買いどき! PSVRゲームが最大50%オフになるキャンペンーン実施! PlayStation Storeにて。
PlayStation VR (PSVR) 発売から年をまたいでもいまだ品薄状態が続いています。 1月26日にPSVR の追加販売がアナウンスされ、これから新しく PSVR を入手される方も多い...

@plasticdemo

Plastic (@plasticdemo)さんの最新ツイート Delivering digital art since 1997, #demoscene roots. Currently working on #BoundPS4 for #PSVR. #Catzilla, #Datura, #LingerInShad...

@bonzajplc

Michal Staniszewski (@bonzajplc)さんの最新ツイート bonzaj/plastic #demoscene .Currently working as Creative Director at @plasticdemo on #BoundPS4 Lodz, Poland

バウンド:王国の欠片について詳しく見る

バウンド:王国の欠片
  • 販売元 : ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 発売日 : 2016年08月16日
  • ジャンル : アクションアドベンチャー
  • CEROレーティング : CERO A (全年齢対象)
  • PlayStation VR対応 : PlayStation VR 対応
  • ラインナップ (パッケージ販売 / DL販売) : ダウンロード版
  • 対応コントローラー : DUALSHOCK 4
スポンサーリンク