GDC2017:SMIがOpenVRへ技術協力、オープンな開発環境はVR界にどう影響を与えるか

2017年2月27日、開催中のGDC 2017にてSMI社がValveのVRプラットフォームにおいてアイトラッキングの技術協力をしているということを発表しました。

両社は既にHTC ViveとSMIのアイトラッキングシステムを組み合わせることに成功していますが、今回さらにValveのオープンなVRプラットフォームであるOpenVRへの統合を進めているとのことです。

SMI社は眼球運動の測定(アイトラッキング)に特化した企業で、医療分野からマーケティングまで様々なところで活躍しています。現在では人間用はもちろん、サル用のアイトラッカー(視線の動きを分析する機器)まで手がけているほどです。VRにおいてはHTC Viveのアイトラッキングシステムの基礎的な部分を手がけています。

Valve社はPCゲームのプラットフォームSteamでOpenVRという誰でも無償で使えるAPIを提供しているため、今回の試みによってアイトラッキングの世界が開かれるでしょう。VRゲーム開発者にとって朗報と言えるできごとかもしれません。

HTC ViveとSMIの技術協力と言う形ですが、SteamやOculusで発表されているゲームはPlayStation VRに登場することも度々あります。そのため今回の試みが成功したならアイトラッキングを巡るVR界の状況が変わるかもしれません。

スポンサーリンク

SMI社について(フィジオテック社のサイト)

SMI公式サイト

スポンサーリンク