PSVRはいつになったら買いやすくなる?SIE吉田修平氏が語るPSVRの今後

世界的に品薄状態が続く「PlayStation VR」。今後手に入りやすくなるということはあるのでしょうか。

GDC2017の現地にてファミ通が行ったインタビューの中で、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオの吉田修平氏は以下のようにコメントしています。

ご存じのように、発売後はずっと品薄の状況が続いています。我々が当初に想定していた以上の数を生産しながら毎月出荷はしているのですが、まだ市場の需要に追いついていないという状況です。

日本の状況を見ると、出荷日の朝に売り切れてしまっていて、各販売店が実施する抽選に当たるのもなかなか難しいと聞いています。購入を希望されている方々のお手もとに商品が届きにくい状況が続いていることは、たいへん申し訳ないと思っています。生産を増やし、精一杯、皆さんの期待に添えるようにしているところです。

ソニーのグローバルCEOであるアンドリュー・ハウス氏も4月には生産が改善され、今よりはもう少しPSVRの購入がしやすい状況になると発表しています。

PlayStation VRの在庫不足は2017年4月までに解消される!ニューヨークタイムズも注目しているPSVRの行方
2017年2月26日、ニューヨークタイムズが「ソニーも驚いたPlayStation VRの人気」と題した記事を発表しました。大きなメディアもPlayStation VRの売上に注目しているようです。 ...

PSVRの販売を心待ちにしているユーザーには待望のニュースですが、これまでの経緯も考えるとまだまだ不安が残るのも正直なところ。

ソニーのキーマンであるお二方の発言を信じてPSVRの販売拡大に期待したいです。

日本を始め、全世界的に品薄状況が続くPS VRは、今後買いやすくなるのか? セールスの現状と生産状況についてソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏に話を聞いた。