GDC2017:『Star Trek: Bridge Crew』のクリア時間は40時間を越える見込み、ランダム生成ミッションも搭載

2017年3月2日、GDC 2017にてUBISOFTの広報を担当するChris Early氏は同年5月30日発売予定のVRゲーム『Star Trek: Bridge Crew』のクリア時間が40時間を越える見込みであると発表しました。

VRゲームの多くが短時間でクリアできる現状を考えると、このボリュームには期待がもてるところです。ただ、この40時間にはいくつかの異なるゲームモードが含まれます。ストーリーラインに沿った「Scripted missions」や筋書きに沿わないランダムなミッションである「Ongoing Voyages」といったものです。

特に「Ongoing Voyage」は、自動的に生成されたミッションにチャレンジするという特別なゲームモードとなっています。生成されるミッションの内容は、ファンにはおなじみの典型的なスタートレックのストーリー展開をなぞるようなものとなっており、1人の果敢な探索クルーから始まり、予期せぬチャレンジが起こり、最後の1分間の危機を乗り越え、何事かを解決する、といったようなもの。

この「Ongoing Voyage」ミッションについて、Early氏は次のように述べています。

「これは純粋なスタートレックであり、私達はこのスタートレックの典型的なストーリーの連鎖をVRゲームにおける楽しさと満足感に変換したかったのです」

こうしたミッションが充実したものとなればスタートレックのファンにとって質の高い体験ができるVRゲームとなるでしょう。

『Star Trek: Bridge Crew』ゲーム紹介動画

公式サイト

In Star Trek: Bridge Crew, explore space in Virtual Reality as a member of the Federation and take place on the bridge in a Starfleet ship.